探偵社の費用について

探偵社と依頼者とのトラブルは「料金トラブル」が一番多いようです。
特に悪質な業者は相談の時点では、高いと感じないのですが、最終的に請求される金額が高額で、トラブルになってしまうケースがよくあります。

調査料金は各業者がそれぞれ独自の料金基準を設定し、調査内容や調査方法、期間などによって見積もりを行っています。
料金の内訳はだいたい以下のようになっています。

<着手金>調査依頼申し込みの際、調査に入る前に支払う、前払い金のこと。
業者によっては、着手金が無いところもあります。

<調査基本料金>調査依頼の基本となる依頼料のこと。簡単な調査であれば、この基本料金だけで済むケースもあります。それぞれの業者によって基本料金に含む調査がことなるので、どのようなサービスがあるのか確認することが重要です。

<事前調査料金>調査依頼から本調査に入るまでの間に、依頼者からの情報をもとに現場の確認や、機材や車両の準備をするための費用。

<延長料金>基本料金内の調査期間や時間を延長した場合の延長料金。例えば、契約した尾行時間を超えた場合、必要な場合は依頼者の承諾によって延長調査をすることがあります。

<車両・機材費>車両は調査には必要なもので、調査方法によって車種なども異なってきます。また、機材は調査で使用する特殊カメラ・広域無線機類・車両追尾用電子機器などで、調査には必須アイテムです。

<人件費>調査員の人数によって人件費が異なります。業者にもよりますが、通常行動調査1案件に対し調査員は2~3人が必要となります。難しい案件となると5~6人ということもあります。

<調査諸経費>調査中に必要となる交通費や燃料費、飲食代、ホテル代など。
この諸経費は調査対象者の行動によって発生するもので、調査中に突然、新幹線に乗車した、飛行機に乗ったなどもありうることです。対象者がレストランに入った場合など確認のため調査員も入店することがあります。できる限り、現場から依頼者に追尾連絡を入れることが通例となります。

<成功報酬>依頼した案件の結果が成功した場合に支払う料金のこと。わかりやすいのは、人探しの依頼案件です。対象者を発見できれば成功報酬を支払うことになります。問題は浮気調査など、依頼者が浮気をしていると確信していてもその証拠が依頼期間中に確証できなければ、成功とはいえませんが、業者側は浮気をしていなかったという結果が出たことで、成功報酬を請求します。
浮気調査は成功の定義づけが難しいため、トラブルになる可能性があります。

調査内容によって料金は異なりますが、例をあげてみると。
浮気調査などの行動調査を7日間(1日5~10時)行ったとして、合計支払金額は、

「多くの探偵社の場合」60~90万円前後。料金の設定が1日単位となっていることが多く、任意の延長を行い課金するシステムを取り入れている業者が多いようです。

「高めの探偵社の場合」120~150万円以上。始めから高額設定してありますが、追加料金の請求は無しというシステムです。また、パック料金などが多いのも特徴となっています。

「安めの探偵社の場合」30~60万円前後。少人数で調査を行い、成功報酬システムを導入しているところが多い。調査内容も必要最低限となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>