こんな探偵社には注意しましょう

一般の人なら、生涯において探偵社を利用することは無いと言った方がいいくらい少ないと思いますが、もし調査を相談依頼しようと思ったときに、宣伝広告の派手なところや、低料金を売りにしているところや、オフィスの立派なところなどを選択基準にしない方がいいです。

宣伝広告が派手ということは、宣伝費に莫大な投資をしているのですから、調査費用が高額になるということです。または、許容範囲をこえる依頼数を抱えて仕事をしているため、調査がずさんかもしれません。

低料金を宣伝文句にしている探偵社は、調査員のほとんどがアルバイトである可能性もあります。また、料金を安く見せるために、2人以上で行う尾行調査であっても、1名分の料金表示をしていたりします。

きっちり結果を出したいのであれば、ある程度の費用は必要です。
悪質業者の手口は、最初の契約金分の調査を行い、延長調査を進めてどんどん金額を増してゆくのです。また、料金が安いので契約したけど、ずさんな調査といいかげんな報告で完了してしまう。というケースが少なくありません。

探偵社の中には、調査能力を高く見せるため、「成功率100%」などの宣伝文句を使ったり、表示したりする業者があります。
もちろん、成功の確率が高いのは依頼者にしてみれば魅力的ですが、調査を始める前から決められた期間内に100%と言い切れるものでしょうか。

浮気調査などで、依頼された期間内に浮気をするとは限りませんし、人探しも限られた期間内に見つかるとは限りません。成功率100%と言っても「延長期間の可能性あり」、が補足されなければいけないのです。
ホームページなどを見る際にはこれらの文言に注意が必要です。

また、会社の規模を大きく見せるため、全国に営業所があるかのように見せている場合があります。電話をすると、ある特定の事務所に転送できるようにしてあったり、事務所での相談を避けたがる業者があります。実際は事務所は持っていない業者もあるのです。

こういった探偵社は、トラブルになるとさっさといなくなってしまうこともあるのです。地域の調査業協会に届出があることがトラブルを避ける最低の条件です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>